早稲田大学写真部 Blog

撮るもの拒まず 撮るもの追わず
First Look First Photo
<< 新人撮影会at江ノ島 | TOP | 証明写真会2013 >>
こころ躍るレンズ
 生まれて初めて、レンズの予約&発売日当日購入をしました。



史上初の一眼レフ用 f1.8通しズームレンズ。
キヤノン、シグママウントは既に発売済みでしたが、ニコン用は今日が発売日です。



重さは810g、フィルター径は72mmと、スペックを考えると実用的にまとめられています。
18-35mmですので、ニコンAPSデジカメにつけるとサンゴー換算28-50mmくらいでしょうか。



35mm, f1.8で。
トーンカーブを少し持ち上げています。
柔らかい雰囲気をだしながら、ピントの合ったところでは開放でも十分な鮮鋭っぷり。シャープネスはかけていません。某レンズ比較サイトによれば、単焦点レンズを上回る解像度だとか。



周辺減光も、感覚としてはf2.8くらいまでいけばほとんどなくなりますね。周辺の収差も2段も絞れば全く気になりません。
歪曲は、22mmではほぼありませんが、広角では樽型、テレ端では糸巻型の歪みがいくらか見られます。


photo by Ueda

同じくf1.8で。
被写体はともかく(笑)、「暗い環境で感度を上げずに撮る」という大口径レンズの利点は、高感度に強いセンサーが出回ってもまだまだ健在です。
いまどき珍しいmade in Japan(たしか会津です)の一品、最近のシグマ社の勢いはとどまるところを知りません。
メーカーさんの心意気と自信を感じながら使っていきたいと思います。




23:20 | - | - | -